いまさら聞けない!「粗利(あらり)」

IMG_7982

いまさら聞けない!第3弾「粗利」についてお話します。

輸入ビジネスの大須賀祐よりありったけの愛と感謝をこめて・・・!

 

さあ、「粗利(あらり)」。

これは商売人にとっては当たり前の言葉なんですが、他の業界からすると意外に分からなかったりしますね。

 

YouTube Preview Image

 

粗利って何?一言で言うと、粗利とは儲けの金額です。

 

 

つまり、物販ですから、仕入れが合って販売がある。

ということは、その差額(利ざや)が儲けとなり、商売が成り立つんです。

 

具体的にいいますと、例えば1000円の商品があったとしましょう。

お客様はそれを600円で購入する。

そうすると儲けは400円。

これを粗利金額といいます。

 

そして、この400円は、1000円に対して40%儲けているということになりますね。

 

この40%を「粗利益率」「粗利率」といいます。

 

いかがでしたか?

お役に立ちましたでしょうか?

 

 

ジェトロ認定輸入ビジネスアドバイザー大須賀祐の動画でわかる輸入ビジネス

※「ezweb」の方は、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop