独占販売権獲得は必ず目指すべきなのか?

価格をさげるための交渉のあり方とは!?part.1

独占販売権は絶対に目指すべきなのか?ということについて話しましょう。

 

輸入ビジネスの大須賀祐よりありったけの愛と感謝をこめてToday・・・!

 

今回は、プーケットよりお送りしています。

 

さて、独占販売権は必ず目標にしなければならないのか?

ということですが

私はセミナーや本で盛んに独占販売権のお話をしていますね。

 

動画をご覧ください。

YouTube Preview Image

 

 

ですから、これが必須であるかのように錯覚している方もいらっしゃるかと思います。

 

 

 

これは、目的によって違ってくるんです。

たとえば、あなたがネットショップされている、

つまりBtoCの取引をされている場合は、独占販売権はいりません。

 

というよりも、そのようなビジネスモデルで独占販売権の話をしても、メーカーには喜ばれないんです。

 

メーカーが喜ぶのは日本全体に卸していくということだからです。

ですから、あなたがBtoB取引で、日本全体に卸していこうと思っているのであれば、独占販売権は最高の武器となります。

 

 

ただ、これも絶対的なものではありません。

その意味合いは、そのメーカーの信頼を持って販売権を得るわけですから、

あなたもそれなりの覚悟、本気でなければいけないということです。

 

よく独占販売権の取得だけが目的になってしまうケースがあるんですが、

これではメーカーに対して失礼です。

 

 

まとめますね。

 

独占販売権は、あなたがBtoBを目指していて、本気で取り組むのであれば、絶対的な権利になります。

 

いかがですか?

 

参考になりましたか?

 

 

ジェトロ認定輸入ビジネスアドバイザー大須賀祐の動画でわかる輸入ビジネス

※「ezweb」の方は、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop