貿易条件のC&Fってなんですか?

0924-37

貿易条件の一つ”C&F”についてお話しましょう。

輸入ビジネスの大須賀祐よりありったけの愛と感謝をこめてToday・・・!

 

 

輸入ビジネスにおいて、メーカーから提示される価格は、

どこ渡しの価格なのか?ということは、最重要な要素の1つです。

 

貿易条件の一つ”C&F”。

これは”CFR”ともいわれています。

 

YouTube Preview Image

 

 

”C&F”は、”Cost & Freight”の略で、

メーカーが「Cost(商品代金)」+「Freigt(運送費)」までを含んだ価格のことです。

 

このC&Fは、意外とあるようで、あまりないんです。

 

たとえば、ヨーロッパですとほとんどがEXWです。

そして、アジアですとほとんどがFOBになります。

 

なぜC&Fがあまりないのかといいますと、運賃が見積もりにくいから。

要するに、相手がどれくらい発注するかわからないからなんです。

 

 

たとえば、ミニマムオーダーをベースにC&Fを決めるんですが、

ミニマムオーダーを割ってしまった場合に、

価格が変わってしまうということがあるからなんです。

ですから、意外に使われることが少ないんです。

 

 

ちょっと難しかったですかね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

参考になりましたでしょうか。

 

 

ジェトロ認定輸入ビジネスアドバイザー大須賀祐の動画でわかる輸入ビジネス

※「ezweb」の方は、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop