欧米人との交渉のコツとは?

0608-03

外国人との交渉のコツについて、特に欧米人との交渉のコツについてお話ししましょう。

 

 

輸入ビジネスの大須賀祐より

ありったけの愛と感謝をこめてToday・・・!

 

さあ、われわれ日本人が西洋人との交渉で気をつけなければならないことなんですが。

日本人は結論をなかなか言いませんよね。

これは欧米人にとってはすごくストレスになります。

言葉の違いというのもあるでしょうね。

 

YouTube Preview Image

 

英語を筆頭として、欧米系の言葉は、主語の次に動詞が来ますよね。

わたしは~やる(I do~)や、私はs~思う(I think~)のような語順があってのせいか、結論を先に話して、アウトラインを大まかに話してから、細部に入っていくというあり方が好まれています。

 

 

そうすることで、話の途中で邪魔が入ったとしても、結論を話していますからいいんですね。

これば日本式に話していた場合、話の途中で邪魔が入ってしまい、話がそこで終わってしますと、やるのか?やらないのか?、Yesなのか?Noなのか?分からないまま終わってしまうんですね。

 

これは一番まずいパターンです。

繰り返しますね。欧米人との交渉の場合は、特に展示会なんかの場合は、いつ他のお客様が来て話が中断してしますことがあってもいいように、重要な案件から、結論から話すようにしましょう。

これは非常に重要です。

 

いかがでしたか?参考になりましたでしょうか。

それでは、またお会いしましょう。

ジェトロ認定輸入ビジネスアドバイザー大須賀祐の動画でわかる輸入ビジネス

※「ezweb」の方は、Gmailでのご登録を推奨しております。

▲pagetop